野球専用ページ

野球をする上で関節の柔軟・可動域の重要性

野球をする上で関節の柔軟・可動域の重要性野球の現場に行くと、指導者の方が「もっと下半身で打て」「脚を使って投げろ」との言葉を良く耳にします。小学生の子供達も大きな声で「はい」と返事をしますがしっかりと理解しているのでしょうか?!(正直、私は小学時代はあまり理解できませんでした。実際リリースポイント、バットを持つインパクトの瞬間全て腕・・・。)

野球は投球・バッティング・走塁・守備ほとんど全ての動きは上半身、下半身の“連動運動”で成り立っています。連動運動をスムーズに行うためには関節の柔軟・可動域が重要です。身体の柔軟性、関節の可動域が欠如していると以下の障害がでます。

  1. 関節の可動域が狭いため怪我をしやすい
  2. 上半身・下半身のアンバランスでうまく身体が使えない
  3. 2の影響で運動パフォーマンスが落ちる(効率よく力が伝わらない)
  4. 運動フォーム・コンディション(調子)にバラツキがでる
  5. 高校生以上で本格的な筋肉トレーニングを始めた時に効率よく筋肉が付かない

などが挙げられます。

野球をする上で関節の柔軟・可動域の重要性特に小学生時代の身体が柔らかい時に体幹を結ぶ肩甲骨、股関節周辺の広範囲の可動性のキープが重要で、その後の野球人生に大きく関わってきます。
おおしろ接骨院に初めて来院する野球選手には必ず肩甲骨・股関節テストをします。
肘、肩の外傷はただ単にオーバーユースなのか?!それとも関節の可動域の狭さが原因なのか?!後者であれば可動域リハビリ・フォーム改善などを提案します。

野球をする上で関節の柔軟・可動域の重要性野球と限らずあらゆるスポーツで防げる亜急性の怪我はたくさんあります!
怪我をしない日頃の身体のケア、怪我後のリハビリテーション、これからのスポーツ競技の世界では『予防医療』が重要視されます。

真恵堂グループ Revive-リバイブ- について野球ではシーズン中は技術練習が主になり、筋力トレーニングの時間をとることが難しくなります。それがスタミナ低下を招き、疲労が蓄積してパフォーマンスを低め、ひいてはスポーツ障害などのトラブルを引き起こす要因となります。こうした状況を改善すべく誕生したのが野球専用の加圧トレーニングウェア「ベースボールカーツ」。

加圧トレーニングは低強度で、しかも短時間のトレーニングだけでパフォーマンスアップが可能なので、オフシーズンの筋力アップはもちろんのことシーズン中においても練習メニューに採り入れやすいことが特長。また、クールダウンにアイシングと組み合わせれば疲労回復効果も高いので、シーズン中のコンディション維持に積極的な効果が期待できます。